滝野川病院の理念と基本方針


理念

滝野川病院は福祉活動を視野に入れた全人的な医療の提供を目指します。
滝野川病院は社会福祉法人新栄会の一翼として医療・福祉活動を行う。人の生きる権利を尊重し、支えることが我々の責務である。このためにはより良き医療・福祉事業をいかに提供出来るかを常に自らに問い続けなければならない。

基本方針

1.地域社会への奉仕
   高齢化しつつある地域社会に密着して、適切な医療を提供します。また新栄会が行う多面的な福祉活動への参画、新栄会の運営施設を利用する方々の健康管理や医療・健康相談などの活動を行います。
2.求めにこたえられる医療
   日常診療の裡で患者様の声に耳を傾け、また院内設置の御意見箱からの要望をも尊重しつつ、与える医療から応える医療への努力を続け、納得され安心される病院であることをめざします。
3.医療レベルの維持と職員のモチベーション
   進歩を続ける医療に歩調を合わせ、本院の医療レベルの維持に努めるべく、学会や研修会への参加、院内研修会の開催などを通じて、各職員のプロとしての意識、やりがいを盛り上げていきます。
4.病院として機能的かつ健全な経営
   「障害者施設基準の一般病棟」を持つ病院として、院外他施設とは緊密な連携を保ち、院内では各部署間の連携を確立しつつ、健全な病院経営を目指します。

患者様の人権と人格の尊重

1.患者様の人権、生命の尊厳を尊重します。
2.患者様の人格と価値観を尊重する医療を行います。
3.高齢者のQOLを重視した全人的医療を提供します。
改定日 平成24年3月12日



Copyright(c) 2004 Takinogawa Hospital. All Rihgts Reserved.