滝野川病院附属介護老人保健施設の理念


理念

 我々は本施設を利用される方々が心身両面に必要十分な医療・介護サービスを享受して 日常生活活動レベルや認知症が改善され、もって家庭、社会へ復帰されて人間として 尊厳ある生活を送れることを行動理念とするものである。

基本方針

1.人権の尊重
   老人の人権はADLの低下や認知症の進行に伴い侵害されやすい。  我々は介護対象老人の人権の尊重を基本方針の第一とする。
2.地域への貢献
   滝野川地域住民の方々へ介護入所、通所リハビリ、在宅支援サービスを提供し、地域への積極的な介護支援活動を行う。
3.個性にマッチした介護
   利用者各個の病歴、ADL、認知症、生活歴を総合的に評価し、個人々々にマッチした介護サービスを提供する。
4.職員の向上心
上記の目標達成のために、常に職員の意識改革、技術的練成に努める。
5.健全な経営
介護老人保健施設としての健全な運営により、永続的な活動を維持する。

利用者さまの人権と人格の尊厳

1. 利用者さまの人権、人格の尊厳を尊重します。
2. 利用者さまの人格の価値観を尊重する医療、介護を行います。 
3. 高齢者のQOLを重視し全人的介護を行います。


Copyright(c) 2004 Takinogawa Hospital. All Rihgts Reserved.